販売会社

販売会社

販売会社

増収効果

増収効果

商品とともに延長保証を販売することで、新たな収益が得られます。全く関係のない商品を新たに売り込むのは難しいですが、その商品に付随して延長保証を売り込むのはごく自然の流れです。また、延長保証の取扱いの有無は他の販売店との差別化につながります。

業務負担の軽減

業務負担の軽減

お客様から修理依頼があった場合、受付やメーカーサービスの手配、修理費用精算等の業務が発生します。当社はそうした煩雑な業務も、御社に代わって行うことが可能です。

アフターサービスの向上

アフターサービスの向上

商品が故障した場合、購入したお店に修理を依頼する方が多いでしょう。しかし、メーカー保証期間が終わった場合に有償修理となってしまい、それがクレームのもとになることもしばしば。
そこでもし延長保証に加入していれば、そうした心配もなく、販売のリピートにつながるかもしれません。延長保証は、販売と修理による収益とCSの向上につながります。

アフターサービスの向上
欧米で50年以上の歴史がある延長保証 欧米で50年以上の歴史がある延長保証

日本では1996年から本格的に導入され、家電製品をはじめパソコン、カメラ、住設機器など、多岐に広がってます。

延長保証の歴史
ページTOPへ